杉乃井ホテルを1日満喫したい!赤ちゃん〜子連れの人向け効率的で快適な過ごし方[冬]

URLをコピーする
URLをコピーしました!
悩むママ

子供を連れて冬の杉乃井ホテルに宿泊するけど、おすすめな1日の過ごし方はありますか?

今回はこんな悩みを解決します。

杉乃井ホテルは1日では足りなくらいのアクティビティがありますが、小さな子供連れだと特に効率よくスムーズに1日を過ごしたいですよね。おすすめのコースを参考にするだけでも、本当に充実した時間を楽しく過ごすことができます。

しかも、アクアビートがオープンしている夏場と、アクアガーデンがメインになる冬場で過ごし方が違うので、今回は1番リクエストの多い子供を連れての冬場の1日の過ごし方を紹介します。

館選びからチェックアウトまでの流れの1例をぜひ参考にしてください。

\この記事でわかること/
  • 子供連れでで予約するときの館の選択方法・持ち物
  • 子供連れでのレストラン選択方法
  • 子供を連れて冬に杉乃井ホテルに宿泊するときの1日コース
この記事を書いた人
Me
あんず
  • 『別府温泉杉乃井ホテル』愛用し続けて10年
  • 『杉乃井ホテルの楽しみ方』・『役立ち情報』紹介
  • カップル・夫婦・3世代・ファミリー目線で紹介
目次

子供連れの場合のおすすめ館と持ち物

杉乃井ホテルの館内はとにかく広い!その分楽しい施設が盛り沢山だということですが、移動することが多いです。

子供を連れての旅行の場合年齢によっておすすめしたい館が違います。

宿泊予約前に自分のファミリースタイルにあった館の特徴と選択方法を確認してください。

赤ちゃん〜乳幼児連れで宿泊の場合

赤ちゃんも抱っこすることが多く・リフレッシュするために宿泊する場合、移動ができるだけ簡単で、ゆったりとした時間を過ごすことができる中館・虹館をおすすめします。

中館を選択した場合メリット・デメリット

  • ゆったりとしたフロア
  • シーズテラス利用でレストランがゆっくり食べられる
  • 半露天風呂がついている
  • 家族みんなでゆっくりとした時間を過ごすことができる
  • 杉の井パレスまで少し遠い

虹館メリット・デメリット

  • アクティビティへのアクセスが1番近い
  • ルームキーが2つある
  • 新館なので新しい・カジュアルな客室
  • 14:30〜自動チェックインできる
  • 杉乃井ホテルと連絡通路がない
  • 別途メイクを自分でしないといけない部屋がある
  • 他の館と比べると部屋が狭い
赤ちゃん連れのおすすめ持ち物
  • プールパンツ
  • 水着(赤ちゃん用水着のレンタルはありません)
  • 離乳食・ミルク
  • 匂わない袋
  • 保湿剤
  • 保険証
  • 羽織(冬場は絶対必要・持ち運びしやすいものだとなおOK)
  • 抱っこ紐・館内用簡易バギー
  • 館内用簡易バッグ

小学生以上の子連れの場合

小学生以上の場合は移動が苦にならないので、本館・虹館がおすすめです。

ここでは本館のメリットデメリットを簡単に紹介します。

本館メリット・デメリット

  • 1番宿泊料金が安い
  • レストランシーズの優先利用
  • みどり湯・家族湯に近い
  • 杉の井パレスまでのアクセスが遠い
小学生以上の子供のおすすめ持ち物
  • 水着2着
  • 浮き輪
  • ゴーグル
  • 保険証
  • 着替え多め
  • マスク
  • お菓子・ジュース
  • ゲーム機

子供と杉乃井ホテルを楽しむおすすめな過ごし方とポイント

杉乃井ホテルで1番もったいない時間の使い方は、部屋に戻る時間です!広大な敷地なので、1度戻ろうと思っても時間がかかります💧

先に何をするのか予定を立て、忘れ物することなく無駄な時間を作らずに過ごすことが重要です😊

乳幼児連れの場合

POINT
14:40頃 到着・チェックイン
*乳幼児連れの旅行はゆっくりしたい・リフレッシュしたいですよね。15時前にチェックインをしてもお部屋に入ることができないので、15時に合わせて到着します。

夕食の時間の予約は、17:30分の人が少ない時間を選択

和室の部屋は、子供の世話がしやすいので、布団も準備してもらえます。

ベッドだけの人は柵があるか確認し、つけてもらいます。(予約時に別途柵の利用を明記を忘れずに

おすすめな過ごし方
レストランで食事

旅行での楽しみレストランはできるだけ速い時間の方が、品揃えも良く・料理周りがいいです。

遅い時間よりも早い時間をできるだけ選んだ方が得策です!

このとき、棚湯・アクアガーデンを利用する場合は着替えも一緒に持っていく(男女で2セット)

子供用のチェア・離乳食・ミルクの場合はお湯も係の方へ伝えると準備していただけます。

よくぐずるこの場合には、シーダパレスのキッズルームをおすすめします。子供連れの人しかいないので、子供のぐずりにも寛容です☺️

おすすめな過ごし方
棚湯・アクアガーデンを楽しむor噴水ショーだけを見に行く

食事後に、屋外温泉アクアガーデン・棚湯を楽しむ人は着替えを忘れずに赤ちゃん連れでのポイントをしっかり押さえて利用しましょう。

子供が小さく泳がない人でも服を着たまま噴水ショーだけ楽しむこともできます

噴水ショーの時間を事前に知ってそれに合わせて動くことがおすすめです。

おすすめな過ごし方
イルミネーション・プロジェクションマッピングを見る

冬場は寒いので、赤ちゃん連れの方は特に館内から見ることをお勧めします。

おすすめな過ごし方
お部屋でゆっくりする

赤ちゃん連れの場合、リフレッシュする時間を作りたくて利用する場合が多いです。

赤ちゃんが寝た後に二人で過ごすために、プロント(館内バー)でテイクアウトしたおつまみを、お部屋でゆっくり楽しみながら話をするとまたいい思い出になります。

おすすめな過ごし方
観光をして帰路につく

杉乃井ホテルでゆっくりした後は、家族で近くの観光スポットで遊んで帰ることもお勧めです。

小学生以上の子供と一緒の場合

1番遊びたい盛りの、アクティブなコースの紹介ですw

おすすめな過ごし方
早めに大分県入り、午前中は杉乃井ホテル周辺の観光スポットを楽しむ!or早めのチェックインでアクアガーデン!

杉乃井ホテル周辺には1時間以内で遊べる観光スポットが盛り沢山!
チェックインの時間は15時なので、それまで観光してランチをとってから杉乃井ホテルへ足を運びます。

または、早めにチェックインをして15時までアクアガーデンで遊びます。

チェックイン時に選択できるレストランは、特徴を知って選択してください。時間も好きな時間でいいです。

この場合注意するポイントは、荷物を分けておくこと

水着・下着・浮き輪・保湿剤などアクアガーデンで利用するものは全て別のバッグに男女で分けていないと荷物預かりの場所で旅行バッグから取り出さないといけなくなります。

冬場で湯冷めしないように、簡単な羽織も準備を忘れずに😊

おすすめな過ごし方
夕飯までお部屋でゆっくり過ごす

遊んだ後は、夕飯までお部屋でゆっくりします。ゲームしたりお昼寝したりまだまだ夜まで遊び尽くすのでゆっくりして着替えたり・準備する時間も必要です。

おすすめな過ごし方
レストランで夕食
おすすめな過ごし方
アクアガーデンで泳ぐ・噴水ショーを見る

子供たちはプールが大好き!1日2回泳ぐことも考えて、常に水着は2着用意しています。

時間に合わせて噴水ショーだけを楽しむ場合には水着の必要はありません

おすすめな過ごし方
棚湯を堪能

アクアガーデンの後は棚湯でしっかり1日の疲れを落とします。

開放的な景色と、温泉の暖かさで大人も子供もすっかり温泉中毒です😊

おすすめな過ごし方
アクティビティ

杉の井パレスには、本格的なゲームセンター・ボウリング・カラオケなど盛り沢山!

我が子はいつもゲームセンターのメダルゲームをして遊んでいますw(大人気で座れないことも..)
ボーリングも無料券の配布もあるので、ファミリーで競い合ってみるのも楽しいですよ!

おすすめな過ごし方
プロジェクションマッピング・イルミネーションを見ながら散歩する

杉乃井ホテルでは毎日プロジェクションマッピング、イルミネーションが開催されています。山側宿泊の場合部屋から見ることもできます。

お部屋に戻るまでの散歩で、イルミネーションに囲まれながら過ごすと幻想的で、子供達も喜んでくれます。

冬場は羽織が必要です。プロジェクションマッピングは時間をチェックしてみてください。

おすすめな過ごし方
部屋でゆっくり過ごす

事前に準備した大分産の地酒、おつまみを堪能しながら家族でリラックスした時間を過ごします。

おすすめな過ごし方
子供達が寝ているすきに早朝の棚湯を満喫

朝5時から利用できる棚湯。

特に冬場の澄み切った空気と、別府の湯煙、朝日が出る瞬間を眺めならの棚湯は本当に絶景です!

朝が苦手じゃない人はぜひ挑戦してください😊

おすすめな過ごし方
朝食を楽しむ・チェックアウト

なぜか食べ過ぎちゃう朝食w

朝食の後チェックアウトすると混むこともなく、11時までにお部屋を出て鍵を返すだけなのでとっても楽ちん。

おすすめな過ごし方
11時までにチェックアウト

チェックアウト後もアクアガーデンを利用することができます

または、観光スポットで遊んで帰路につくこともお勧めです。

杉乃井ホテル1日おすすめな過ごし方まとめ

初めて利用するときは、まさかこんなに施設が充実しているなんて!と感じたのを覚えています。

2回目からは少しでも滞在時間を無駄なく過ごせるように自分なりに工夫してきて10年になりました。

赤ちゃん連れでも十分リラックスでき館内だけで思い出に残る時間を過ごすことができます。

みなさんの旅行を満喫するための参考になれば嬉しいです。

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる